VアップシェイパーEMSについて紹介、最安値や痛い時やジェル代用

『VアップシェイパーEMS』はテレビや大手の通販サイトでも注目されているシェイプアップベルトですね。いわゆる加圧の力を最大限利用して、お腹周りの筋肉を鍛えるのをサポートするベルトとなります。

このVアップシェイパーEMSは芸能人のヒロミさんがプロデュースした商品なんですよ。
ヒロミさんは現在、加圧トレーニングなどの会社を手がけたりしており、トレーニングスタジオの経営などにも携わっていらっしゃいます。実際にヒロミさんの体を見ると分かりますが、たくましい体つきになっているんですね。

これはテレビで本人もおっしゃっていますが、加圧トレーニングの効果なんですね。
そのヒロミさんが「お腹周りのシェイプアップを実現できるアイテムを……」という想いから生まれたのが、VアップシェイパーEMSとなります。

使ってみた方の声は様々ありますので、気になる方は購入してみるといいですよ。

今回は【VアップシェイパーEMS】について紹介します。

VアップシェイパーEMSは、楽天で購入可能

VアップシェイパーEMSは楽天さんにて販売されています。

基本的にテレビショッピング通販で購入できる商品ですので、テレビショッピング商品取り扱いをしているお店を探すと見つけることができますよ。

そういったお店は楽天さんにあります。楽天では、購入の際にポイントが10倍になったりしてお得に購入することができるので、とてもおすすめです。

VアップシェイパーEMSの最安値って?

さてVアップシェイパーEMSの値段はどこも同じような値段です。およそ11,858円となっています。

「販売価格を変更しないように」と、指示が販売元から出ているのだと思います。
したがって、どこで買うにしても大体同じであり、どこで買っても最安値となります。

ちなみに楽天さんであればポイント10倍だとか、クーポン配布というキャンペーンをしているショップさんもありますよ。

こちらのショップさんなら10倍で、クーポン配布(○百円引き)というのをよく行っています。クーポンなら販売価格変更というわけではありませんからね。

もちろん送料無料です。ということで、最安値でお得に購入したい方はこちらで決まりでしょう。

VアップシェイパーEMSのサイズは正確に!

VアップシェイパーEMSのサイズですが、ご自身の体にしっかりとあった商品を選ぶようにしましょう。

というのも、加圧の加減が重要な商品であり、しっかりと体のサイズを確認してから購入しないと駄目なのです。圧力が強すぎたりすると、効果を得られないのです。

もしかしたら見栄を張って、自分のお腹周りよりもかなり小さめのサイズを選びたくなるかもしれません。

ですが、しっかりと正確に測ってご自身のサイズに合った商品を選ぶようにしてくださいね。
実際の購入者の中にも「見栄をはってサイズを結構小さめにした所、きつすぎて、今はあまり装着していない……」という感じの方が割といらっしゃいますからね。ワンサイズ下くらいであれば大丈夫です。

なのでサイズを小さめにするなら、ワンサイズ下くらいに留めておきましょう。

VアップシェイパーEMSで痛い感覚が……

VアップシェイパーEMSの装着をしていると、お腹周りに痛みが出ることがあるかもしれませんね。この痛みは悪いものではなく、いいものなんですよ。

激しい運動したあと筋肉痛になって、体が痛くなるという経験があるかと思います。
それと同じようなもので、お腹周りが筋肉痛のように痛みがあるのであれば、実際に効果があるという証拠なんです。

ですので、取扱説明書などを見ながらペース配分を考えて継続して使って言ってみてくださいね。実際にシェイプアップ成功者の方々も筋肉痛のような痛みを体感していらっしゃるんですよ。

腹筋、腹斜筋の部分にうっすらとした筋肉痛があったりしますからね。

VアップシェイパーEMSのジェルの代用って?

VアップシェイパーEMSは低周波と中周波と呼ばれる刺激を筋肉に与えることによって、お腹周りの筋肉を刺激して、シェイクアップを助けるアイテムですね。
そしてEMS(低周波マシン)を使うのであれば、ジェルを使うことになります。

このジェル、正式には『マグマジェル』と呼ばれるもので、無くなったら追加で購入することになります。

ですが「ジェルを購入し続けるのも、なんだかなぁ……」と思いになるかもしれませんね。

実を言うと、ジェルは無くても使えてしまうのです。水で十分なんですよ。
ですのでジェルが無くなった際には、代用として水を使ってみてください。

もちろんジェルでやることが一番ではありますが、無いなら無いで、なんとでもなるのです。

極端なことを言うと、Vアップシェイパーはお腹周りを加圧で引き締めて、筋肉を動かせばいいという理屈です。EMSがなくても、腹式呼吸でお腹周りの筋肉を動かせば、それで大丈夫だったりするんですよね。

ということで、ジェルが無くなった場合は水で対応する、またはEMSを使わないで、ノーマルのVアップシェイパーとして腹式呼吸をするというような選択肢がありますよ。