【脇肉はどうなる?】脇肉革命の口コミを紹介

脇肉革命は多くの女性の方から支持を得ている補正下着ですね。
胸の形が非常に綺麗に整えますので、自分のスタイルに自信を持ちたい方にはぴったりな商品だと言います。

何よりも、しっかりと胸の形を日頃から整えておくことで、普段から正しい姿勢を維持できますからね。

一万人以上の購入者が効果を実感して、口コミを記入するほど人気な商品なのです。

さて今回は【脇肉革命の口コミ】についていくつかご紹介します。
良い部分悪い部分も紹介していますので、購入前の参考になればと思います。

【脇肉はどうなる?】脇肉革命の口コミを紹介

脇肉革命の口コミですが、様々な口コミがあるんですよ。
非常に多くの方が気に入っているだけありますね。

ところで、脇肉革命を購入する際、どのサイズがいいのか迷うと思います。
実際のところ、多くの方も口コミ投稿でサイズの部分について言及していらっしゃいます。
以下に脇肉革命の口コミをご紹介しますので、参考にしてみてください。

アンダーをワンサイズ上げて注文したところ、ピッタリ!

こちらの方は50代女性の方ですね。
脇肉革命のサイズに関して色々な口コミがありますので、ご自分で調べたようですね。

そうしたところ、アンダーをワンサイズあげるとちょうどいい、というご意見が目に止まったようです。そこで、自身の普段使っているC80から1サイズ上げたC85に目星をつけて注文したようです。

そして商品到着して脇肉革命を装着したところ、しっかりとご自身の胸にあったようですね。
50代という年齢もありバストの形も変わってきたようですが、しっかりと脇肉革命がご自身の体に合っているようです。

ということで、まずサイズを選ぶ際には、アンダーをワンサイズ上げた形状を購入すると良さそうですね。

アンダーを一つ上げたけど、それでも若干きついかも

こちらの方は実際にアンダーを一つあげて、カップを一つ下げるという選択をしたようです。
多くの方が目安としているサイズの選び方ですね。

実際に購入してみたところ、確かにカップはいい感じだったようです。
しかし、アンダーはワンサイズ上げたにも関わらず若干きつかったようですね。

胸の形によっては、アンダーを二つあげないといけないかもしれません。
ただ、二つ上げてしまうと、今度は脇肉革命の形がフィットしなくなることも起こり得ます。

従って、まずワンサイズ上げたサイズで購入します。その結果きついと感じたり、もっと継続して使っていきたいと感じた場合にはm次の注文でアンダーを二つ上げたサイズを選ぶといいです。

脇肉がすっきりする

こちらの方は数年前に初めて注文して以来、リピートを続けている方です。
ずっとつけている理由としては、やはりは脇肉がすっきりする部分が大きいようですね。

「見た目がすっきりするし、動きやすくなる」というのが気に入っているようです。
これはご自身のサイズにしっかりとあった脇肉革命を装着している、というのが前提にあります。

もしご自身のサイズに合わない脇肉革命をつけてしまった場合は、おそらく脇肉がすっきりと行かないかもしれませんね。よって、ご自身のサイズに合うかどうか、一回注文して見極めることが大事かもしれません。

ちなみにこちらの方は普段、F75かG75を装着している方であり、脇肉革命はC80を使用しています。

つけてみると若干くるしい

こちらの方はワンサイズ大きめのものを購入した方です。
実際につけてみると若干の苦しさを覚えたようです。

これは、それだけ体を矯正している証拠ですね。脇肉をしっかりと巻き付けているからこそ、締め付け感があるのです。ただ、これほど装着感がきつい為、暑い時期には装着が大変かもしれない、とのことです。

胸の形の補正効果は微妙

こちらの方は産後の体の変化が気になり、脇肉革命を購入したようです。
実際につけてみたところ、脇肉の部分に関しては文句なく満足していらっしゃいますね。

ただバストの形の補正はそれほどではなかったようです。
脇肉革命のカップ自体が柔らかいため、高い補正効果は無いようです。

しかし、普段使うぶんには良さそうとのことです。
装着感は楽なので、日常に支障をきたさないのでしょうね。

まとめ

脇肉革命はしっかりと胸の形を整えてくれて、さらに脇肉のケアもしてくれる商品です。
「1万円ほどの他社の商品に負けないぐらいすごい」という声も多くあるんですよ。
もしお悩みの方がいらしましたら、ぜひ一度購入してみるといいですよ。

【脇肉消えた!?くらいスッキリ】脇肉革命について紹介
脇肉革命は多くの方の脇をすっきりさせている補正下着ですね。脇の下が引き締められるので、スタイルがきれいになるのですよ。なんといっても女性の胸をしっかり整えることで、全身のスタイルが美しくなりますからね。