soilバスマットライトの他モデルとの違いについて紹介

人気の商品soilのバスマットは多くの方から注目を集め、快適に利用されているバスマットのひとつですね。メイドインジャパンの素材を使った最先端のバスマットというだけあり、いつものお風呂タイムを上質なものに変えてくれます。

そんなsoilバスマットは『soilバスマットlight(ライト)』というモデルも発売されていますね。

通常のsoilバスマットを改良されて作られたモデルであり様々なショップを見ても、このライトモデルが最も売れているモデルとなっています。ですのでこれからsoilバスマットを購入する方ならライトモデルを選ぶと間違いないでしょう。

さて、このライトモデルは通常のモデルと比べて何か違いがあるのでしょうか。
通常のsoilバスマットより人気があるわけですから、人気の秘訣はどうも違いにありそうですね。

今回は【soilバスマットのライトの違い】についてご紹介します。

soilバスマットのライトの違いを紹介

soilバスマットのライトの違いをいくつかご紹介します。従来品と比べて違う部分がいくつかありますので、参考にしてみてください。

軽量になった

まず軽量で薄くなっているというのが大きな特徴です。ライトというだけあり軽くなっているんですよ。厚さは約0.95cmそして軽さは約1.8kgとなっています。

従来のバスマットは高さ2.5cm重さは約5.5kgでした。

それを考えると厚さは半分以下になり、重さは約1/3になったと言っても過言ではないほど軽量になったんですよ。これによって持ち運びが便利になり、メンテナンスとして陰干しする時に便利になっているんです。

特に女性が片手で持ち運べるというのは大きな利点ですね。
また厚さが薄いぶん収納場所にそれほど困らないというのも大きな特徴です。

バスマットをどかして、壁などに立てかける……といった毎日行う動作の負担が少なくなったのが、ライトの最も大きな特徴と言えるでしょう。

耐久性は若干DOWN

軽量になったということはそのぶん耐久性は若干劣るようです。ただしそれはあくまでほんの少しの差であり、日常的に使う分にはほとんど変わらないと言えます。

ちなみに従来のバスマットも、バスマットライトも使用期間は二年だそうです。

メンテナンス方法が違う

Soilバスマットは年がら年中置いておけばいいわけでありません。

たまにメンテナンスをする必要があります。その際にこれまでのsoilバスマットであれば天日干しをする必要がありましたが、ライトであれば日陰干しをすることになります。

ライトであれば天日干ししてしまうとバスマットが割れてしまうためです。ですのでメンテナンスの仕方も従来品とは違うんですよ。

日陰干しですので、家の中の暖かいところなどに置いておけばいいだけです。
「メンテナンスしたいけど晴れの日がないから乾燥させることができない……」と悩むこともないんですよ。

価格の違い

比較的安価というのもこれまでの製品との違いの特徴でしょう。価格にしておよそ8,000円ちょっとで購入することができます。これまでのsoilバスマットは9,000円ちょっとですので10%オフのような感覚で買うことができますね。

まとめ

はい、このような感じですねsoilバスマットライトの特徴違いをまとめてみると次の通りです。

  • 重量、厚みが軽く、薄くなった。そのため持ち運びや収納性がUP
  • 耐久性の違い。ただし日常的で使う分には違いは殆ど無い。
  • お手入れ方法の違い(ライトは日陰干しする)
  • 価格が安い

という感じですね。もしお悩みであればsoilのバスマットライトはいい買い物になると思いますよ。