【便利な前用】ラボクルの前用のレインカバーについて

「自転車のハンドル部分にレインカバーをつけたい」
「前方に設置したチャイルドシートにレインカバーがあれば……」
そんなお気持ちの方も多いことでしょう。

その時に便利なのが”ラボクルのレインカバー”なんですね。

ラボクルさんといえば、自転車用のアイテムを多数が開発しているブランドです。特にチャイルドシート用のレインカバーなどが人気なんですよ。もちろん自転車の前のハンドル部分につけるレインカバーも高品質なものが揃っています。

雨の日や雪交じりの寒い季節であっても、レインカバーがあるだけで、自転車の乗り心地はだいぶ違ってきますからね。

実際のところ、ハンドル部分のパーツのこだわりはバイク乗りの方も同様なのです。
それほどまでに、前の部分のカバーの類は大事なんですね。もし前用のレインカバーをお探しであれば、ラボクルさんの商品が良いですよ。

今回は【ラボクルの前用のレインカバー】についてご紹介します。

【便利な前用】ラボクルの前用のレインカバーについて

自転車に小さなお子さんを乗せて運転するのであれば、自転車の前の部分にチャイルドシートをつけるのがいいでしょう。
何と言ってもお子さんが目の前にいるという安心感がありますからね。

後ろだと、お子様がどういった状況なのか見えないため不安に思うことも多いですからね。
さて、前用のレインカバーはこういった商品となります。

ラボクルのレインカバーは高品質であり、様々な特徴があるんですよ。

例えばこちら。

チャックをオープンにすれば、太陽たっぷり快適な空間

レインカバーの前面をオープンにすることが可能なのです。
レインカバーですので、基本的には雨を弾くために密閉された空間となっています。
しかし晴れの日であれば、密閉した空間というのは暑い上に息苦しさを感じるでしょう。

そういった時にカバーを開けた状態にしてしまえば、お子さんにとってストレスのない空間となります。しかも開け閉めは簡単にできますので、親御さんも面倒臭さを感じることがありません。

乗せ降ろしがラクラク

また、お子さんの乗せ降ろしが非常に楽、というのも人気ポイントの一つです。
ファスナーが二つ付いており、両方のファスナーを開けるだけでお子さんの出し入れができるのです。
簡単な操作でお子さんの出し入れができるのは嬉しいことですよね。

空気の通り道も完備

レインカバーですので、雨をしっかり防ぐのはいいことです。
一方で、密閉性が高くなるため、空気がこもってしまうのでは、という心配もあるかもしれませんね。

それに関しては問題ありませんよ。カバー下部や雨の入らない透明窓が存在していて、そこから空気が入るようになっているのです。空気の通り道ができているので、ラボクルレインカバーの快適性はしっかりしています。

もし、お子さんがもっと新鮮な空気を欲しているのであれば、前方のカバーを少し開けるのがいいでしょう。車で言えば、通気口だけではなく、窓ガラスを少し開けるのと同じですね。

前用を購入する前の注意点

さてラボクルのレインカバーを購入する際には、気をつけなくてはいけないポイントがあります。

まず、ヘッドレストのあるチャイルドシート専用のレインカバーであるということです。
もしヘッドレストのないチャイルドカバーであったり、後付のチャイルドシートであれば、装着は不可能となります。

お手持ちのチャイルドシートにヘッドレストがあるのかどうか確認してから購入するといいですよ。

またサイズも目安がありますので、その部分もしっかりと確認しておくといいでしょう。

基本的にブリヂストン、angelino、パナソニック、丸石、ふらっかーず、といったヘッドレスト付きのチャイルドシートであれば、問題なく使えますからね。