ベビービョルンの抱っこ紐って洗濯できる? 答えは簡単です!

ベビービョルンの抱っこ紐ですが、どのタイプであっても洗濯が可能です。

抱っこ紐というものは赤ちゃんの手足が直に触れるものであり、毎日使っていると洗濯をしなくてはなりませんね。もちろん毎日こまめに抱っこ紐をふいていれば洗濯するほど汚れることはないでしょう。ですが、なかなかそうはいかないかもしれませんね。

そんな時は丸洗いできるベビービョルンを選ぶといいでしょう。その時に「ちゃんと洗濯ができるの?」「どうやって洗濯するの?」と戸惑うかもしれませんね。

そこで今回は【ベビービョルン抱っこ紐の洗濯】について紹介します。普通に洗濯をする感覚で大丈夫ですので、参考にしてみてくださいね。

ベビービョルンの抱っこ紐って選択できるの?

まず基本的にベビービョルンの抱っこ紐は全タイプ、洗濯することができます。

洗濯の方法はシンプルであり、Tシャツや下着などを洗濯する要領で、洗濯機に入れてスイッチを押せば完了します。

実際、公式にて『洗濯可能』という表記がされています。

ですので思い切ってしっかり洗って大丈夫なんですよ。

むしろ洗わないと赤ちゃんのよだれなどが付着して雑菌が繁殖してしまいます。
そうすると赤ちゃんの皮膚が荒れてしまったり、ベビービョルン自体が劣化しやすくなりますからね。

ですので、洗濯可能というのを最大限活かして、こまめに洗うようにしておきましょうね。

メッシュ素材なら色落ちせず、乾きも早いのでおすすめ

「洗濯したとしても乾かさないといけないため、なかなか気が進まない」「乾くまで抱っこ紐が使えないと思うと、洗濯をする気がなかなか出ない」という方もいらっしゃるかもしれませんね。

ですがその辺はご心配ありません。ベビービョルンは非常に乾きが早く、あっという間に乾くんですよ。

ちなみに素材によって乾き方に違いがあるようです。

コットン素材とメッシュ素材の2種類あるのですが、メッシュ素材の方が乾きが早く、色落ちしないという特徴があります。
コットン素材だと、洗濯した場合に色落ちしてしまうことがあります。

ですので、多少お値段は変わるかもしれませんが、メッシュ素材の抱っこ紐を購入するのは衛生的にも洗濯のしやすさ的にもおすすめですよ。

メッシュ素材の方なら、通気性が良く蒸れにくいため、赤ちゃんの皮膚トラブルの原因も防いでくれますからね。

洗濯時には洗濯ネットを使うと良い

ちなみにですが、洗濯の際は洗濯ネットに入れて洗うといいですよ。

というのも洗濯ネットを使わないで洗ったところ、毛玉がたくさん落ちてしまい取るのが大変だった……という購入者の方の声があります。

先輩ママさんによると「そのまんま洗うと、毛玉がボロボロ落ちる……」みたいなのです。
それを防ぐためには、洗濯ネットを使うとよいですね。

ということで、お洗濯の際は洗濯ネットを使いましょう。

もし手洗いができる場合はそうしておくのもいいでしょうね。仮に毛玉が落ちたとしても、他の洗濯物と一緒に洗わないので、毛玉がつかないのです。お風呂に入ったついでに、お湯でつけ洗いしておけば洗濯完了となりますよ。

もちろん洗濯機でもお手洗いでも、どちらであってもベビービョルン抱っこひもを洗うことが可能なので、どんどん洗ってみてくださいね。

まとめ

はい、以上【ベビービョルン抱っこ紐の洗濯】をまとめてみますと次のとおりです。

  • ベビービョルンの抱っこ紐は選択可能。公式にて『洗濯OK』の記載あり。
  • 洗濯方法は普通の洗濯ものを洗う感じで大丈夫
  • 洗濯の際はネットを使うと毛玉が落ちにくい

抱っこ紐において洗濯ができるというのは非常に大きな強みですからね。洗濯をして毎日清潔にしておけば、赤ちゃんも心地よく寝てくれることでしょう。赤ちゃんを快適に寝かせて、他の家事などを行っていってくださいね。

ベビービョルンの抱っこ紐は、洗濯方法も簡単ですし、すぐ乾くので使い勝手がとてもいいと評判なのです。

素材はポリエステルや綿などの一般的な素材ですので、洗濯物としては毎日行っている感覚でOKです。「ベビービョルンの抱っこ紐って、もしかしてお洗濯できないのかな?」と心配になるかもしれませんが、そのような必要はないのですよ。