新生児に!ベビービョルンの抱っこ紐を紹介、いつからOK?

ベビービョルンの抱っこ紐は育児を頑張るママにとって非常に役立つ子育てアイテムですよね。特に新生児の子供を抱き抱える機会が増えてくると、だっこしてあやす回数も増えてくわけです。

その時に、昔ながらの方法で単純に抱っこする方がほとんどでしょう。ですが、それってなかなか大変なんですよね。新生児といえど体重もあり、それは日に日に大きくなっていくので、ママさんにとっては負担になってきます。

そこでベビービョルンの抱っこ紐のようなものがあると、とても便利なんですよ。
ママさんにとって楽になるだけではなく、新生児の赤ちゃんにとっても安定した体制でいられるので、お互いにストレスがないようになっているのです。

「購入して役立った」という多くの方の声もあるベビービョルン抱っこ紐を是非購入してみてくださいね。

今回は【新生児におすすめなベビービョルンの抱っこ紐】について紹介します。

ベビービョルンの抱っこ紐はメッシュ素材!

ベビービョルンの抱っこ紐は基本的にメッシュ素材となっています。メッシュ素材の最も良いところは蒸れにくいということですね。

通気性が良いため熱のこもりがち赤ちゃんの体温をしっかりと外へ逃がしてくれます。
それによって、汗をかきやすい赤ちゃんがあせもで悩むことも少ないですし、ママも快適に抱っこを続けられますからね。

おまけに洗濯機で洗えるため、汚れたらすぐ清潔にできるのです。毎日使ったとしても、メッシュ素材のベビービョルンの抱っこ紐なら、洗濯さえすれば問題ありませんよ。新生児の抱っこ紐として人気の秘訣でもあります。

ベビービョルンの使い方・付け方は?

ベビービョルンの抱っこ紐は様々な種類がありますが、基本的には同じ感じで使うことができます。こちらに動画で装着方法の説明がありますので、どのような感じなのか雰囲気をつかむ参考になると思います。


まずベビービョルンの赤ちゃんを乗せるスペースのサイズ調整を行います。
お子さんの身長に合わせて目盛りをググっと押し込みましょう。
目盛りの調整ができたら次に進みます。


次はママさんが身につける、抱っこ紐部分を背負います。
リュックサックを肩にかける感じで肩に装着します。


次はウエストのベルトを調整します。
これも簡単に調整できますよ。
服のベルトのように長さを調節できますので、ご自身の体に合うように長さ調節をします。


ご自身のベルトの調整が終わったら、一番最初に赤ちゃんの身長に合わせて調整した赤ちゃん用のスペースをご自身のベルトにくっつけます。

次にご自身の胸のあたりの引っ掛ける部分に、赤ちゃんの背もたれを支えてくれるバックル部分を引っ掛けます。


それができたら赤ちゃんを抱っこして、足を通してください。
必ずレッグホルダーとよばれるスペースから赤ちゃんの足が出ているようにしましょう。


あとは、赤ちゃんをいれた入口部分を、胸の固定部分にしっかりと止めていきます。
腰、頭の順に固定するのです。


そしたら、赤ちゃんを抱っこしやすいようにベルトを微調整します。これでベビービョルンの抱っこ紐に新生児をいれるのはOKです。使い方はこんな感じですよ。

このままだと前向き抱っこですが、後ろ向き(おんぶ状態)にするのも簡単なんです。

ちなみにベビー抱っこ紐お店で買えば取扱説明のDVDが付いてきます。簡単にわかりやすい映像ですので、どうやって使えばいいかを一目で映像付きでわかるんですよ。

DVDは見なくとも、上の動画を見れば使い方がわかると思います。

ベビービョルンはいつから?新生児だけど大丈夫?

ベビービョルンの抱っこ紐ですが、いつから使えるのか気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

基本的に新生児から使うことができます。
すなわち生後0ヶ月から使えるということです。

ただこれはあくまで目安であり、実際には一定以上の体重があれば大丈夫です。それは体重が3.5kgあれば使えるということです。ようは3,500gの赤ちゃんであれば使うことができますよ。

逆に言うと3.5kgなければ使うことはできません。
ただしこの体重はよっぽどのことがなければクリアできる数値だと思いますので、ご安心下さい。

いつから使えるのか気になる方は、まずご自身の赤ちゃん(新生児)の体重が3,500g以上あるかを確認しましょう。

まとめ

はい、こんな感じですね。ということで、【新生児におすすめなベビービョルンの抱っこ紐】まとめますと

  • ベビービョルンの抱っこ紐はメッシュ素材を採用しているので、通気性にすぐれる。
  • 使い方は簡単。動画もあるので、購入前に雰囲気をつかんでみよう。
  • ベビービョルンはいつからかというと、新生児(0歳)から使える。

という感じですね。
ベビービョルンがあるとないとではかなり違ってきますよ。
高価ではありますが三歳まで使えますし、ぜひ凄さを実感してみてくださいね。